住宅ローンには、固定金利と変動金利という二種類の支払い方があります。
今回は固定金利 ついて説明したいと思います。
固定金利とはある特定の期間中、ずっと同じ金利で住宅ローンを組むことにとなります。
メリットとしては銀行の政策や国の景気、日本銀行の政策に左右されることなく契約中は常に一定の利息なので、急に利息が上がってもも心配がいらない、いわば案パイな支払い方というのが最大のメリットです。
また、利息が一定なので計算などがしやすいというのもメリットの一つと言えるでしょう
次にデメリットとしては先ほど話したメリットと真逆で、銀行や国の状態により金利が安くなっても高い金利を払い続けなければいけないということです。
今現在では近年希にみる日本銀行の政策でマイナス金利となっているので金利が上がる住宅ローンを組んで10年間は固定金利の方をオススメします。
この先金利が戻ったとしても契約した時はマイナス金利なので低金利でローンが組めるからです。
ちなみに、ローンを組み10年間は国から控除金が出るのでいいのですが10年がたち利息が上がったら他の銀行にローンを借り換えするというのも一つの方法なので頭に入れておくのもいいことだと思います。

Comments are closed.

Post Navigation