住宅ローンを利用する場合に、銀行で審査をしてもらいますが、実際は銀行を通して信用会社での審査が行われています。
信用会社とは、住宅ローンの借入者が、返済できなくなった際に債務の保証人となってくれる会社になります。
とくにメガバンクの場合保証人がないと貸し出しが難しくなります。
また、フラット35のように、住宅金融支援機構が保証人と債務保証を行ってくれるケースもあり、こういった場合も銀行は融資しやすくなります。
一方、信用会社の審査が落ちた場合に、プロパー融資を選択肢することができます。
プロパー融資とは、信用会社を利用せずに、金融機関が独自判断で行う融資になります。
プロパー融資を行っている金融機関は、信用金庫や地方銀行に多くあります。
また、消費者金融系の会社が融資するケースもあります。
プロパー融資による住宅ローンでは、従来の住宅ローンよりも1%程度高い金利が設定される傾向にありますが、銀行協会とクレジット系の信用情報を照会して判断がされるために、カードやキャッシングの返済遅れなどがなければ、高い信頼が得られます。
最近は、0金利政策やマイナス金利政策の影響もあり、住宅ローンの金利も最低金利を更新しています。
それに連動して、プロパー金利も非常に低く設定されています。

Comments are closed.

Post Navigation