日本でもマイナス金利が導入されるようになり、何かと影響が方々に及んでいます。
マイナス金利とは、色々と定義がありますが、要するに銀行が日銀に預けている国債に関して、金利を取る、ということです。
これがマイナス金利であるわけですが、どうしてこんなことをするのかと言えば、貸し出させる為です。
銀行が日銀に国債を預けるだけで利益を得ていた時代がとても長かったです。
これをどうにかするためにマイナス金利を導入したわけです。
これがどうして住宅ローンに影響するのか、といえば貸し出す方法の一つが住宅ローンであるからです。
少しでも金利を安くして、借りてもらえるように金融機関がしようとします。
これが国の目的でもあります。
住宅ローンに限ったことではないですが、一般人が恩恵を受ける可能性がある部分はここになります。
逆に預金の利子が下がる、ということもありますから、これも知っておくと良いです。
住宅ローンは僅かでも低いほうがよいです。
これはお金を借りる時にはすべてにいえますが、個人として借りる可能性が高いローンで最も高いのは住宅ローンですから、まずはこれから期待するのが妥当です。
マイナス金利の影響が期待されている分野です。

Comments are closed.

Post Navigation